昨年はネットを騒がせた有名YouTuberのヒカルさん!

大金をつかった、大規模な動画で一躍有名YouTuberの仲間入りしました。

その一方で、歯に衣着せぬ発言や、怪しげなビジネスに関わっていた過去から多くのアンチを抱えています。

また、昨年はVALE騒動で、ネット全体を巻き込んだ大炎上を引き起こしました。

そんな、ヒカルさんの年収は“5億円”だと言われています。

しかし、本当の年収は5億円ではないことが判明しました!

いったい、本当の年収はいくらなのか?
徹底的に調査いたしました!

スポンサーリンク

 

【ヒカルの年収、5億円説について】

動画では、1000万円分の宝くじを購入したりと、動画でも金遣いが超豪快なヒカルさん!

炎上前は動画の再生数も多く、企業案件も多数行っていたことから、かなりの額を稼いでいたことが予想されます。

また、YouTuberとしての収入だけではなく、起業家として、中卒・高卒者を対象とした人材派遣事業も行っていました

活動の幅の大きさからも、年収が5億円というのもありえなくはない話ですよね。

スポンサーリンク

 

【実際の収入はどれくらい??】

では、ヒカルさんの実際の年収は幾らなのでしょうか?

ヒカルさんの収益は炎上前と炎上後で大きく変わってしまいます。

炎上前は、へきトラハウスとコラボした動画にて“月収3000万”であることが分かります。

これは、動画広告だけの収益です。

炎上前のヒカルさんは企業案件を良く行っていました。

案件の単価は登録者数や動画のスタイルによって変化しますが、炎上前のヒカルさんの場合、“1本300万円”ほどだと思います。

それを毎月5~10本弱投稿していたため、2000万円と仮定します。

合計で月収5000万円!

年収だと6億円です!!

ヒカルさんは、チームで活動しており、動画にもお金をかけているので厳密にヒカルさんの年収とは言えませんが、それでもものすごい額ですよね(笑)

しかし、実際には大炎上が起こってしまいます。

動画を休まなければならなかった上に、その後も勢いを失ってしまいました。

現在、ヒカルさんの動画の収益は“月収600万”ほどです。

イメージダウンによって、案件数と単価も落ちたことが考えらるので、ヒカルチャンネル全体の年収は“8000万”ほどではないかと予測されます。

もちろん、あくまでも予測ですが(笑)

ちなみに、炎上中も過去の動画のおかげで収益が入っていたようです。

こちらの動画で300万円ほど休止中も収益があったと明かしています。

なにもしなくても300万円もらえると聞くとうらやましい気もします(笑)。

しかし、経営者として、人を雇っている立場のヒカルさんからすれば、300万円は決して安心できる金額ではなかったのかもしれませんね。

なぜ、この噂が浮上したのか。

しかし、なぜ5億円という数字が出てきたのでしょうか?

実はヒカルさんが自ら年収は5億円だと発表したのです。

まだ、ヒカルさんが炎上する前のことです。

「好きか嫌いか言う時間」という坂上忍さんが司会を務めるテレビ番組で、YouTuber特集が組まれました。

その番組中で、年収について聞かれたヒカルさんは「このままのペースでいくと3~5億円」と発言したのです。

テレビ番組での発言のため、番組を盛り上げるために大きく見せたところもあると思います。

しかし、あのときのヒカルさんの勢いを考えると、本当にそれくらい稼ぐことを目標としていたのかもしれませんね。

炎上の直前はヒカルさんをはじめ、ネクストステージメンバーの動画は“ギラギラ感”を感じたと思います。

それは、高い目標を掲げたあまり、必死になりすぎてしまったことが原因かもしれませんね。

スポンサーリンク

【まとめ】

年収5億円とうわさされていたヒカルさん!

実際の年収は…8000万円
噂の出どころは…テレビ番組内での自身での発言

おすすめの記事