最早大物ユーチューバーと言っても過言ではないマホトですが、今回はマホトの高校についての情報をお伝えします。

マホトの高校時代は、どのようなキャラクターだったのでしょうか。

また、高校の頃は違う名前で活動していたことなどについてもお伝えします。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

マホトの高校について

マホトの出身高校は、中野工業高校ではないかと言われています。

マホトがTwitterで会話する中で、この高校の名前が出されていたことが根拠とされています。

【マホトが高校の名前を出しているツイート】

実は、マホトは高校時代からすでにYouTubeで活動していました。

高校生の時点でかなり有名だったマホトは、YouTubeでの活動に真剣に取り込むことを決意しました。

高校を中退してまで動画活動に打ち込むと決めたのですから、その真剣さ具合が窺えるでしょう。

マホトの動画活動への熱い思いは、マホトの昔の動画から知ることができます。

スポンサーリンク

【マホトの中学からの話】

マホトが動画を投稿していた時代は、まだユーチューバーなどは普及していませんでしたので、相当な苦労をしたようです。

クラスメイトに馬鹿にされて恥ずかしい思いをしたと語っています。

高校のレベルも低かったようなので、当時は相当いじられたであろうことが想像できます。

当時は踊ってみた動画なども無い時代でしたので、マホトのような存在はかなり珍しかったようです。

クラスメイトのみならず、様々な人からクズ呼ばわりされる経験をしたと語っています。

周りの批判に負けずに自分のスタイルを貫いたマホトは、強靭な精神力の持ち主であったことが窺えます。

ちなみに、勉強は苦手だったようで、マホトの偏差値は38だったようです。

やりたいことが決まっていましたので、勉強する必要も感じなかったのでしょう。

動画内でも語られていますが、マホトは高校中退後、通信制の高校に再入学し、しっかりと卒業しています。

動画投稿に集中することにしたとはいえ、高校を卒業しておきたいという気持ちは強かったようです。

マホトの昔の名前について

マホトが高校生ユーチューバーとして活動していた頃は、違う名前でした。

名前がマホトに変わる前は、サシマンという名前で活動していました。

親から貰った名前で活動したいと考えるようになり、マホトという名前に改名したようです。

本名は渡辺 摩萌峡(わたなべまほと)ですので、まさに本名をそのままハンドルネームにしたという認識で間違いないようです。

本名をハンドルネームとして使うあたり、マホトが真剣にユーチューバーとして活動していきたいという気持ちが表れてますね。

マホトはまさに、人生を通して動画活動に身を捧げているユーチューバーであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

マホトの高校時代についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

マホトは学生時代を通して、ユーチューバーが流行る前から活動していた人です。

現在、マホトがこれだけ人気であることは、昔からの地道な努力の賜物であるということがわかりますね。

マホトは人生を動画投稿活動に捧げることを決意していますので、今後も活躍し続けてくれることでしょう。

マホトの今後の活躍に期待しつつ、引き続きマホトを応援していきましょう。

おすすめの記事