「これが大人の10コンボや!」で、おなじみのマックスむらいさん。
一時期はパズドラの攻略動画で一斉を風靡しましたが、現在は少々雲行きが怪しくなってきたようですね・・・。

そんなマックスむらいさんの詳しいプロフィールや経営する会社「AppBank」や資産について、そしてマックスむらいさんの人気がガタ落ちしてしまい「オワコン」とまで言われるようになってしまった原因となった炎上騒動についての詳細を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

マックスむらいのプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前 マックスむらい

本名 村井 智建(むらいともたけ)

血液型 A型

出身地 石川県

スポンサーリンク

 

マックスむらいの身長&体重

むらいさんの身長ですが、男性の中でも割と小柄な165㎝です。
そして、気になる体重ですが・・・?

 

意外にも意外!
顔がほっそりして見えるので体重も平均的かと思いきや、やや肥満気味の72kgでした!

 

実は、YouTubeで活動を開始し始めた頃からじわりじわりと太り始めていたようで、Twitterや動画でも何度かダイエット企画を敢行していたのですが、全て失敗に終わっているようですね・・・・。

因みに、むらいさんと一緒にダイエットに励んでいたAppBankの社員、あいたかはしくんもダイエットに失敗して超リバウンドをしてしまいました(笑)

 

 

マックスむらいの年齢

むらいさんは1981年12月11日生まれ、現在の年齢(2018年)は36歳です。

ちょっぴり老け顔ということもあって、もうちょっと年齢が上だと思っていた方も多いのでは無いでしょうか??
むらいさんの拠点であるAppBankを宮下社長と立ち上げたのは2008年、むらいさんがまだ26歳の頃でした。

 

マックスむらいの大学

インテリな雰囲気が溢れるマックスむらいさん。
大学もさぞかしエリートな学校出身なイメージがありますが、実はむらいさんの出身大学はこれまた意外な防衛大学校!

 

 

 

 

 

 

 

こちらの大学も偏差値60~69となかなかのエリート校ではあるのですが、あまりむらいさんのイメージとは結びつきませんよね!

パリッとしたサラリーマンのような雰囲気のある方なので、大学も早稲田とか東大のような「勉強」がメインの大学だと思っていました(元々は東大志望だったそうです)

しかし、残念ながらむらいさんは防衛大学校をたったの3ヶ月で自主退学してしまいました。。。
理由については語られていませんが、やはりバリバリの体育会系の校風がむらいさんの性格に合わなかったのかもしれませんね。

 

性格は穏やか?激しい?

むらいさんと言えば、何を考えているのか分からない「真顔」がトレードマークですよね。

ファンの人にも一緒に写真を取る際は「真顔でお願いします!」って言われることが多いんですって(笑)

 

そんないつも冷静そうなイメージのあるむらいさんですが、性格は表情とは裏腹にかなり情熱的。
つまり、むらいさんはかなり激しい性格の持ち主なのです。

 

どんなことにも誰よりも真剣に取り組むむらいさん。
しかし、むらいさん一人だけが真剣になりすぎて、それが空回りしてしまい周りの仲間達が付いていけないこともしばしば・・・

以前、クリスマスに「感謝の正拳突き1万回」で視聴者をドン引きさせてしまったお話は大変有名ですね(笑)

 

そして、ゲームにもいつだって全力投球のむらいさん。
あまりにもパズドラ攻略に一生懸命になりすぎて、横から声をかけて来た部下の方に「うるさい黙れ」と視聴者が笑えないトーンでガチ切れしてしまい、色々と誤解を生んでしまったことも・・・

 

結婚したのは本当?

本当です!
と、いうよりも皆さんがむらいさんをYouTubeで見るようになる前から既にむらいさんは結婚していました。
実は、むらいさんは奥さんとお子さんを持つ一家の大黒柱なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、むらいさんの自宅のリビングの画像なのですが、なんだかとっても殺風景なので結婚をしているというイメージが湧きませんよね。

奥さんとお子さんの情報については一般の方なのでむらいさんの口から語られることは無いため、どのような方だったり、何歳だったりということは謎に包まれています・・・。

マックスむらいの会社紹介!!!

 

 

 

 

 

 

むらいさんの会社については動画でもよく名前が出てくるため、動画をご覧になっている方なら誰もがご存知でしょう。
先にも少しだけご紹介しましたが、むらいさんは中学時代の親友であった宮下泰明さん(宮下社長)と共に、2008年にアプリレビューやスマホの周辺アクセサリー情報などスマホに特化した情報を発信するサービス会社である「AppBank株式会社」を設立しました。

 

 

AppBankオリジナル商品が大ヒット!

また、スマホのケースや保護フィルムなどの周辺アクセサリーを販売する「AppBankStore」も大変有名ですね。
むらいさんがおすすめした「アンチグレアフィルム」はスマホゲームユーザーにとっては超革命的なアイテムでした!

オリジナルのスマホグッズも大量に販売していたAppBank Store。
マックスむらいブームのときは、それはそれは大変な人気ぶりでしたね。

アンチグレアフィルムだけにとどまらず、カイロやCDなどスマホとは全く関係のないグッズまで登場し、それもまた大きな話題を生みました。

 

しかし、AppBankがノリにノッていた時代はそう長くは続かなかったのです。
そう、あの事件が起きたせいで・・・

 

現在の活動について

 

他にも映画失敗やパクリ商品の販売など細かな炎上が絶えず、視聴者の間でも引退が囁かれたむらいさんでしたが、現在はあることをきっかけにどん底からの復活を遂げることとなりました。
パズドラで盛り上がっていたときとまでは行きませんが「ある二人の人物」の協力もあり、現在また順調に少しずつファン・信頼を取り戻し始めているのです。

マックスむらいをオワコンから救った人物は、一体どのような人だったのでしょうか?

 

マックスむらいを救ったのは『ヒカル』!

一人目はこの人!
むらいさんと同じく大炎上騒動で話題となったヒカルさんです。

2017年8月に、ヒカルさんはむらいさんとの対談動画を投稿しました。

この動画でむらいさんが語った炎上事件の真実、そして当時のむらいさんの思いに心を動かされた視聴者は多く「見直した」「もう一回チャンネル登録し直すわ」といった、マックスむらい再評価の声が少しずつ上がるようになりました。
※その直後、ヒカルさんはVALU騒動で活動を一時休止することに・・・

 

ある人物その②りおなり

マックスむらい復活のきっかけを作ってくれたもうひとりの人物は、むらいさんの部下であるりおなりさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

りおなりさんは、引退を考えていたむらいさんに「動画は自分が責任を持つので、もう少し頑張りたい」と、動画活動を続行する意思を伝え、それまではむらいさんが主導で行っていた動画企画を全てりおなりさんが受け持つことに。

そして、りおなりさん企画の新体制で挑んだこちらの動画が、100万再生を超える大ヒットを生むこととなりました。

けやき坂完コピダンス動画

動画の内容はいたってシンプル。
むらいさんが欅坂46のダンスを短時間で完全コピーする、という動画です。

しかしながら、むらいさんが真剣に頑張っている姿が視聴者たちの心に響き「面白かった」「感動した」と、それまで大荒れだったコメント欄がまるで嘘のような賞賛の嵐に!!

 

コカ・コーラドッキリ炭酸水に入れ替える!

 

その後も過去の炎上をネタにした自虐的な動画やドッキリ動画が話題を呼び、今までの炎上騒動は全て綺麗に鎮火され、現在新たな「マックスむらい」として人気を取り戻しつつあるのです。

数々の炎上騒動を乗り越え、不死鳥のごとく復活したマックスむらいさん。
今のむらいさんならば恐らく、もう今までのような炎上が起こることは無いと言っても過言ではないでしょう。

年収について

マックスむらいさんは防衛大学を3か月で中退しています。

その後の社会人人生は営業マンを経て執行役員等を務め、現在はAppBank株式会社の代表取締役CEOを務めています。

そう!!お気づきだと思いますが、社長さんです(笑)見えないですよね(笑)

ベンチャー企業の社長さんということで年収およそ1000万程・・・。

マックスむらいさんの場合はYouTubeの広告料が入るのでかなり稼いでいるということですよね・・。

噂だと一億を超えている話もありました・・。すごいですよね!!

 

Youtuberの平均年収

現在、星の数ほど存在するYouTuberですが、上位100名のトップYouTuberと呼ばれる人たちの平均年収は806万円だそうです。

マックスむらいチャンネルの予想年収が平均額からかなり上回っていることから、むらいさんもまだまだオワコンではない、ということがわかりますね!

因みに、むらいさんがオワコンと言われていた2017年でも日本YouTuber収入ランキングの18位と、以前の勢いは無くなってしまったものの実は意外にもオワコンではなかったんですよ。

 

他のYoutuberと比較してみよう~!!

では、マックスむらいチャンネルよりも再生数が多い、いわゆる「人気YouTuber」は一体年間にどれ位の収益を得ているのでしょうか??

まずは、現在中高生を中心に人気を集めているフィッシャーズから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、現在フィッシャーズの収益が日本YouTube界での第1位と言われています。
予想される年収は、何と驚きの約1億3千894万円!
マックスむらいチャンネルの約10倍ですね。

続いて、日本YouTube界のトップに君臨するHIKAKINさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

HIKAKINさんの予想年収は約9500万円。
更に、HIKAKINさんはそれに加えてゲームチャンネルである「HikakinGames」の収益を合わせると、フィッシャーズの予想年収を上回る約1億5千万円に!!

現在のマックスむらいチャンネルの収益では到底かなわない額ですね・・・!

しかし、むらいさんの過去最高の年収を考えると、(動画以外の収入もありますが)現在のトップYouTuber達よりも遥かに大金を稼げていたということがわかります。

今後、再びむらいさんがYouTube界のトップに返り咲きできる日はやってくるのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マックスむらいさんの過去の炎上騒動や現在の活動などについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

現在、マックスむらいチャンネルは以前のようにゲームアプリがメインではなく、ドッキリや検証、やってみたなどのバラエティ豊かなチャンネルへとリニューアルし、以前とは異なる新たなワクワクや笑顔を視聴者に提供し続けています。

以前の炎上から一切むらいさんの動画を見なくなってしまった、という方も是非一度チャンネルを覗いてみて下さい。
きっと、あのときの騒動がまるで嘘のように、お腹を抱えて大笑いができるはずですから・・・!

おすすめの記事