Youtuber

横山緑は議員?優秀な経歴や意外な年齢、現在の年収についても大暴露!!

ニコ生主の横山緑さんが議員として立候補、そして見事立川市議員に当選していたことを皆さんはご存じでしたか?

かなりの古参生主であるため「名前は聞いたことがあるけど(人物について)よく知らない」という方や、「最近放送を見なくなったから現在どうなったかは知らない」という方もとても多いかと思います。

一体、横山緑さんとはどのような人物なのでしょうか?

そして現在は・・・?

プロフィールなどを中心に、色々な情報を調査してみました!

横山緑(くぼた 学)のプロフィール

 

恭一郎さんやコレコレさんなど、ニコニコ生放送はこれまで数々の人気YouTuber・ライブ配信者を排出してきました。

現在はあまり話題に挙がることが少なくなったニコ生主ですが、この横山緑さんという人物は日本のネット配信の歴史の中でも(色々な意味で)数々の偉業(?)を成し遂げてきたレジェンド的存在です。

 

では、彼が一体どのような人物なのかをちょっぴり覗いてみましょう!

 

名前 横山緑

本名 久保田 学(くぼた まなぶ)

生年月日 1977年9月25日(てんびん座)

年齢 41歳(2019年7月現在)

血液型 A型

身長 173㎝

体重 中肉中背

出身地 愛知県

在住 東京都

所属 NHKから国民を守る党(通称「N国党」)

 





横山緑の本名は?

 

 

横山さんの本名は、恐らくかなり以前から本名バレしていたことは間違いないのですが、議員として立候補した際(後述)に「久保田学」であることがライト層にも浸透したきっかけとなりました。

 

「緑」というと女性的な柔らかい響きの名前ですが、生放送ではそんな名前からは想像ができないようなブラックな話題ばかりが飛び交います。

 

 

「ブラックな話題」といえば、YouTubeではコレコレさんやkimonoちゃんが有名ですが、横山さんの放送は彼らとは一線を画したかなり殺伐とした放送がメインなので、興味を持った方はそれなりに覚悟をした上でご視聴を・・・。

横山緑(くぼた 学)の年齢は?

 

 

2009年からニコ生で活躍し、現在はYouTubeでも動画・配信活動を行っている横山さん。

配信歴が非常に長いことからお分かりいただけると思いますが、年齢は人気YouTuberと比べてもかなり年長の部類に入る41歳(2019年4月時点)、誕生日は1977年9月25日です。

 

 

彼と同年代のYouTuberはMEGWINさん(1977年生まれ)、ジェットダイスケさん(1974年生まれ)など、ベテラン勢ばかり。

横山さんもまた配信歴の非常に長いベテラン配信者で、固定ファンが非常に多いことで知られています。




横山緑(くぼた 学)が市議会議員に当選!?

 

 

これまで、配信者としてアングラな世界で10年間活動を続けてきた横山さんですが、現在は立川市の市議会議員「くぼた 学」として表舞台でも活躍中なんです。

 

一部「こんな奴を議員にしてはだめだ」と反発の声もあるそうなのですが、議員として活動している横山さんの姿は、動画でのあの覆面姿の横山緑とはイメージがガラリと異なり・・・

 

 

とても爽やか!

あの覆面姿からは想像ができない非常にクリーンなイメージがありますね。

 

 

普段、横山さんの配信「暗黒放送」では配信者が笑うことをご法度としているため冷酷・暗いといったイメージがありますが、あれはあくまで「横山緑」というインターネットコメディアンのネタあり、実際はかなりやんわりとした性格の持ち主の方のようで、実際横山さんと配信外で会ったことのある人は「配信と全然イメージが違う」と驚いてしまうことが多いそうです。

 

横山緑(くぼた 学)の経歴は優秀?

 

 

 

さて、現在はNHKから国民を守る党で議員としても活躍している横山さんですが、議員に立候補、更には見事当選してしまうということから、さぞかし輝かしい経歴をお持ちなのだろうと思い、彼の学歴などについて調査してみたのですが・・・

 

実は、横山さんの最終学歴は「写真系の専門学校卒」であることが過去の配信で明かされており、有名大学卒などといった経歴は一切ありません。

 

 

しかし、そんな経歴で見事市議会意義員に当選することができたということは、それだけ横山さんの演説に説得力があり「この人に自分の住む街を任せても良いな」と感じた人がとても多かったということになりますね。

 

もちろん、ファンによる組織票もあったとは思いますが、それよりも一般の方の票数のほうが圧倒的に多いわけですから、横山さんの思想・話術には多くの人々に影響を与えることのできるカリスマ性があるということが考えられます。

 

 

配信での横山さんしか知らないという方は、是非一度くぼた学としての彼のブログをご覧になってみて下さい。

暗黒放送では見ることのできない、横山さんの意外な一面が見ることができるかもしれません!

 

くぼた学さんの公式ブログ「まなブログ」はこちら

 




横山緑(くぼた 学)には妻・子供がいる?

 

 

横山さんは2014年に彼のリスナーである「パンダ」という女性との間に子供ができたことで籍を入れています。

 

 

子供の名前は「千八(せんぱち)」くん。

名前の由来は彼の有料チャンネルの月間会費である1,080円が由来となっているそう・・・。

 

しかし、これは配信上でのフェイクの名前であり、本当の名前ではないのでご安心を。

もしこれが本当の名前だったとしたら大炎上間違いなしですよね(笑)

 

因みに、現在千八君は4歳、幼稚園の年中さんです。

 

浮気が原因でパンダとは離婚している!?

 

 

しかし、横山さんは2017年4月1日にパンダさんとは離婚しています。

日付が少々嘘っぽく感じるかもしれませんが、エイプリルフールネタではなく本当に離婚をしてしまった可能性が非常に高いそうなのです。

 

理由・原因について多くは本人の口から語られていませんが、パンダさんのブログを見る限りでは度重なる横山さんの不倫が原因であるということが噂となっているみたいですね。

当時のパンダさんのブログはこちら

 

※横山さんの離婚については、フェイク・台本説もあり、実際の所本当に離婚したかについては厳密には不明であるそうです。

 




横山緑(くぼた 学)の女性遍歴がヤバ過ぎる!?

 

 

実は、横山さんはこれまで数々の女性リスナーや女性生主と身体の関係を持ったことのある超ジゴロ。

 

情報によると、なんと9年間の間に4回も女性を妊娠させたことがあるという驚きの女性遍歴をお持ちです。

また、もしかすると他にも一度限りの関係や暴露していない・されていない事案があるかもしれないため、現在ネットで噂になっている情報だけでは留まらない可能性も高いと言えるでしょう。

 

 

これは議員に当選して反発の声が大きくなってしまったとしても仕方のないことなのかもしれませんね・・・。

 

 

因みに、そんな性欲の強さから横山さんは一部リスナーから「ニコ生の性帝」なんて言う呼び名で呼ばれているのだとか。

普通では考えられない話ではありますが、脳科学的な観点から見ると横山さんのような男性は「遺伝子をたくさん残してくれる男性」として、女性からとてもモテるのだそうです・・・。

 

横山緑(くぼた 学)の年収は?

 

 

人気生主、そして現在は議員としても活動している横山さんですが、年収は普通のサラリーマンよりもかなり多いことが予想されているようです。

 

現在横山さんが得ている収入の内訳は

 

有料チャンネル(30~40万円程)

・公式生放送や取材などのギャラ(50~70万円程)

・議員としての収入(50~60万円程)

 

以上を計算すると、最低でも月に130万円程の収入を得ているということが予想されます。

 

また、前述の通りパンダさんとは離婚をしているため、原因が横山さんにあることから慰謝料・養育費を支払っているそう。

 

月にいくら支払っているのかについては不明ですが、恐らく現在の予想収入から考えるとその事により生活が困窮しているという可能性は低そうですね。

 




横山緑はネット乞食?

 

 

また、生主と言えばファンからプレゼントやリアルマネーを貰って生活をしているという人も多いですが、横山さんはそういった乞食行為は断固許さない方なのだとか。

 

しかし、ネット上では「横山緑は乞食をしている・していない」と様々な情報が交錯しているため実際の所彼がリスナーやファンからお金やプレゼントを本当に貰ったことがないのか、といえば謎ではありますが、一応公言している限りでは横山さんは自身で稼いだお金だけで生活をしているということが予想されます。

 

調べれば調べるほど、どの情報が嘘か真かが分からなくなる謎多き人物ですね・・・。

 




まとめ

 

以上、横山緑(くぼた 学)さんに関する情報でした!

 

活動歴が長く、更に敵を作りやすいスタイルで活動をしているためか、どの情報が一体本当なのかが分からない謎多き人物でしたね。

 

果たしてどこまでの発言・行動が彼の「ネタ」なのか。

それは本人や彼のプライベートを知るごく近しい人にしかわからないのかもしれません・・・。

 

現在はネットだけでなく、リアルな世界にも影響を与える人物となった横山さん。

オワコンという声も多い中、今後彼がどのような活躍を見せてくれるのか、まだまだ目が離せなさそうです。