ヒカキンが韓国人であるという説があるのを存知でしょうか。

なぜそのような噂が広まったのでしょうか?
また、その噂は本当なのでしょうか?

今回は、ヒカキン韓国人説について調査した結果をお伝えします。

基本的なプロフィールも掲載しておりますので、興味がある方は最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ヒカキンのプロフィール

ヒカキンの基本的なプロフィールは、以下の通りです。

本名:開發 光  (かいはつ ひかる)
年齢:1989年4月21日
出身:新潟県 妙高市
身長:174.9cm
体重:68kg(2015年3月時点)
血液型:O型

YouTubeでのヒカキンは有名でも、彼の経歴にまで詳しい方はそう多くは無いのではないでしょうか。
元々は、ヒューマンビートボックスで名を知られたアーティストでした。

高校生の頃から続けていたヒューマンビートボックスの動画投稿活動が高じて、現在のような大物ユーチューバーと呼ばれるまでに成長しました。

スポンサーリンク

ヒカキン韓国人説の真偽は!?

本名の開發という苗字は非常に珍しいものの、韓国人の名前では無いようです。

ヒカキンの出身地の新潟県で見られる、由緒正しい苗字で、ヒカキンが韓国人である可能性は低いと考えられます。

両親のどちらかが韓国人である可能性はありますが、母親は日本人である可能性が高いと考えられているようです。

ヒカキンの母親が登場する動画がありますので、
こちらで確認してみて下さい。

【ヒカキンの母親が登場する動画】

ヒカキンの父親についての情報は全く出ていませんが、母親に関しては何度か動画に出演したりもしているため、どのような人かを確認することは可能です。

 

ヒカキンの本名が韓国説!?と言われる理由

なぜヒカキン韓国人説が広まったのでしょうか?
一つの理由として、ヒカキンの苗字が珍しいことが挙げられるでしょう。

開發という耳慣れない苗字であるため、日本人であることをイメージしづらいのかもしれません。

しかし、その独特の苗字が日本人であることを裏付けていると考えても良いかもしれません。

在日朝鮮人の名前は「金」など、簡単な漢字を当て字として使用しているものが多いため、開發という難しい漢字は、むしろ日本人であることを示している可能性が高いです。

ヒカキンが韓国人であることを疑われるもう一つの理由として、その風貌が挙げられるでしょう。

ヒカキンの見た目が韓国人っぽいと感じて、最初から彼を韓国人であると決めつけている方も多いようです。

ヒカキンの顔は目が細長いという韓国人の特徴にも当てはまりますし、髪型も韓国人アーティストが好むものに近いため、韓国人っぽいと思われることもわかります。

父親の情報は一切出ていないため、ヒカキンに韓国人の血が流れていないとは言い切れません。

ヒカキン本人の口から直接聞かない限りは、真実が明かされることはないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回はヒカキンの韓国人についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

ヒカキンが韓国人である可能性は低いものの、韓国人ではないと断定することもできないことがわかりました。
少なくとも、本名は日本の由緒正しい苗字であることはわかりましたが、韓国人の血が流れている可能性はぬぐえません。

ヒカキンが実際に日本人であるか、現在の情報では判断できませんが、彼が素晴らしいユーチューバーであることは、誰もが知っていることでしょう。

ヒカキンがどの国の人であれ、ユーチューバーファンの皆さんはこれからもヒカキンの活躍に期待し、ぜひ応援してあげて下さい。

おすすめの記事